学資保険は、子供の教育費が必要な時期に一時金を受け取ったり、税制面でも有利な保険商品です。

MENU

アフラックの学資保険

生命保険に加入される方の理由で多いのが「結婚したから(今後結婚する予定だから)」です。
自分が死んだ時の事は、家庭を持つタイミングで考え始める事が多いです。
こうして、結婚を機に生命保険に加入された方は、次のステップとして、子供ができて学資保険に加入される割合が高いです。
アフラックでは、生命保険だけではなく、学資保険にも力を入れているので、既存ユーザーへの販売も評判が高いです。

 

学資保険とは

学資保険とは、子供の養育費を補うための保険商品です。
子供は産まれた直後よりも、中学校、高校、大学などに通う時期にお金がかかります。
学資保険は、子供が小さい時から毎月決めた保険料を払い、あらかじめ設定した時期になると、一時金として、まとまったお金を受け取る事ができます。

 

 

積立貯金と学資保険の違い

学資保険は、毎月決められた金額を貯めていき、定期的に1時金を受け取るので積立などの貯金商品に近い特性があります。
フィードなど、アフラックの代理店の営業マンは「是非うちで学資保険に入ってくれ」と営業活動をします。こうしたやり取りを見ると、学資保険は加入すると、貯金よりも損をするような印象を持たれがちですが、実際は違います。
学資保険はあくまでも保険商品なので、万が一保険の支払い期間中に被保険者が死亡してしまった場合でも、保険の契約通りの条件で、その後も子供の養育費の一時金が支払われます。

 

つまり、一家の大黒柱でもある被保険者は学資保険に入る事で、例え死亡しても子供を高校や大学まで育てる事ができます。

 

家族

さらに、健康で問題なく定められた期間の保険料を払いきった場合は、それまで積み上げた保険料の支払い総額よりも多い返戻率を期待できます。
学資保険は1部の商品では、満期返戻率が100%を切っている所もありますが、アフラックの夢見る子供の学資保険では、105.2%の満期返戻率を誇っています。
様々保障がついて、払ったお金以上が返ってくるのは大きなメリットになります。

 

学資保険は税制面でも有利

学資保険は、生命保険と同様に年末調整などの控除対象にできます。
さらに受け取った1時金は、保険の加入条件にもよりますが、ほとんどが控除枠の範囲内になるので、課税対象になりません。
子供の成長過程に応じて、複数回に分けて一時金を受け取る事は、税制面での有利が大きく、自分自身で子供の養育費を貯金していくよりもメリットになります。