終身保険は加入年齢が若いほど、月々の支払が安く、払込期間修了後に受け取れる金額も高くなります。

MENU

アフラックの死亡保険

アフラックには、次の6つの死亡保険を用意しています。

  • 未来の自分が決める保険 「WAYS(ウェイズ)」
  • アフラックの定期保険 「Lightフィットプラン」
  • シンプルな死亡保険 「アフラックの終身保険」
  • 家族に毎月届く生命保険 「ギフト」
  • 「3大疾病保険プラン」
  • アフラックの終身保険「どなたでも」

 

死亡保険には顧客それぞれのニーズがある

アフラックは現在6種類の死亡保険をラインナップしています。
死亡保険は人によって貯蓄として捉えて、満期返戻率の割合を重視する方から、がんをはじめ大きな病になって、生きているけど医療費がかかる状況の保障を求める方や、家族の安心を重視する方などさまざまです。

2chでも評判のいい株式会社フィードの知識力

そのため、幅広いニーズに答えられるように、死亡保険は多彩な商品を用意しています。しかし、保険にあまり詳しくない人から見れば、種類が多すぎると、どれを選んでいいのか分からなくなってしまいます。
株式会社フィードでは、アフラックの商品への教育はもちろん、保険全般の専門家が1人1人に最適な保険を探すお手伝いをしています。
2chなどの評判でも、フィードスタッフの知識力は高い評価を得ているようです。

 

 

終身保険は若いうちに入るほど、メリットが大きい

死亡保険の中でも、人気が高いのが終身保険です。
終身保険は決められた期間の保険料を支払っている限り、一生涯の死亡保障を受けられるだけではなく、満期返戻金として契約期間修了後にまとまったお金を受け取る事も可能です。
返戻率は商品や加入時期と期間によって違いますが、保険料の支払総額を超える100%以上の返戻率になる事も珍しくありません。
こうした積立貯金の要素もある終身保険は、若いうちから加入しておく事で、月々の支払が安く、払込期間修了後に受け取れる金額も高くなります。
死亡保険は結婚してから考えれば良いという考えの人もいますが、なるべく若いうちから終身型の生命保険に加入しておくと、将来の備えになって結婚も有利になります。
独身でも、首都圏の一等地にマンションを購入して、終身保険で将来備えもしておけば、これ以上心強い事はありません。
こうしたメリットを伝えて営業のアプローチをしていくのが、株式会社フィードの事業戦略だと言えます。