がんの3大治療である手術、放射線、抗がん剤を手厚く保障し、入院や通院の支払い日数が無制限です。

MENU

アフラックのがん保険

アフラックが日本でここまで大きくなったのは、がん保険の躍進です。
現在では、がん保険の保険契約者13年連続第1位と不動の地位を確立しています。
保険募集代理店では、ネームバリューと補償が充実している、がん保険があるからアフラックを扱っているといっても過言ではありません。

 

新 生きるためのがん保険 Days(デイズ)とは

フラックのがん保険といえば、Days(デイズ)です。
特徴となる商品の売りには次の3つがあります。

  1. 手術、放射線、抗がん剤の、がんの3大治療を手厚く保障
  2. はじめて「がん」と診断されたら一時金100万円(上皮内新生物の場合は10万円)
  3. 入院はもちろん、3大治療は通院も支払い日数無制限

 

がんは3大治療にお金がかかるほか、近年では医学の進歩もあり、がん治療は入院ではなくて通院で治療する場面が増えています。
がん治療を通院する場合、長期間に及ぶ継続した治療が必要になり、莫大な治療費がかかります。
アフラックが、がん保険を登場させた当初は、国内の保険会社では、入院治療は手厚くても、通院治療の保障が少ない事などが問題視されていた事もあり、大きな注目を集めました。

 

家やマンションを購入した方はがんへのリスク回避を心がける必要性がある

住宅ローンのイメージ画像

主な顧客層は20代後半~30代中盤です。
年齢面の事や、首都圏で会社員として働いている方が多い特徴から、35年をはじめ長期住宅ローンを組む方が多いです。
ローン完済目安になる50代~60代までの期間で、最もリスクが大きいと言えるのが、「がん」です。

 

万が一がんと診断されても、住宅ローンや家族の事を考えずに治療に専念するためにも、がん保険などを利用してリスク回避を心がける必要性があります。

 

なお、アフラックのがん保険では、30代男性でAプランのモデル保険料では月々2,780円~となっています。がん保険をはじめ、保険商品はなるべく若いうちから入っておく事で有利で安心できる環境を作る事ができます。

 

アフラックの死亡保険についてはこちら